関ヶ原 

久々に映画館で映画観ました。
ホラーではなく、「関ヶ原」という
歴史モノです。

タイトル通り天下分け目の
関ヶ原の戦いをテーマにした
内容。

見どころ
合戦シーンの尺は全体の3割程度だが、
大量のエキストラを使用した甲斐
あって、圧倒的な迫力があった。
騎馬が駆け抜ける馬蹄の轟音や
無数の槍を突きあう映像には
圧倒される。

愚直なまでに忠義を尽くす石田三成役
(岡田准一)の演技の熱量は強烈。
家康役(役所広司)もいい意味で
気持ち悪い演技だった。
緊迫した状況でも、まるで
遊びに興じているような
余裕を滲ませるなど、清濁を
呑み込むような器の大きさを
醸し出していた。


気になった点
展開が早すぎる。
秀次一族の処刑、秀吉の死、家康の豊臣恩顧の
大名取り込みと、集大成である関ヶ原に向けての
ステップを細かに描いているが、会話のテンポや
場面の移り変わりが速いので、ある程度
予備知識がないとついていけない
気がした。
ナレーションもあまり入らないので
「このシーン何?」と感じた人も多かったかも
知れない。
合戦シーンのみを楽しみにしている人は
前半の一時間強は苦痛に感じる可能性がある。
(いびきをかいている観客もいたし)

恋愛要素が蛇足
有村架純が演じる伊賀忍者「初芽」と
三成は惹かれあうが、ストーリーの
本筋と関係がないので不要な印象
を受けた。そこに尺を割くなら
別のシーンを充実させてほしかった。

小早川秀秋の見せ場がうやむや
苦悩の末、東軍に寝返った小早川。
影の主役的な立場でありながら、
合戦シーンは無く、自身で寝がえりを
決断したシーンもない。
(自身は西軍につく気だったが、
家臣に東軍に寝返るよう訴えられて
ウダウダやってて、いつの間にか寝返って
ましたみたいな展開だった)
合戦の潮目を変えた重大決断と
その先の行動を描いてもらいた
かった。


個人的に観たかったのは
三成の盟友、大谷吉継が三成に説得され
覚悟を決めて西軍に味方するシーンと
同じく吉継が小早川の裏切りを
予測して対応するが、他の裏切りも
あって、力及ばず敗退する場面。
(本編ではカット、いきなり切腹シーンに…涙)
まあ、自分は大谷推しなので、
大谷の出番をもっと増やしてもらいたかった。
あとは、秀吉が衰えていく様も
じっくり描いてほしかった。
(最も、原作にない場面ならなくても当然ですが)
お気に入りの武将の扱いで
一喜一憂するのも、ある意味歴史モノの
醍醐味ではありますが。




総合的には面白い映画。
しかし、前述のとおり戦国時代に
明るい人でないと前半は寝ることに
なる可能性がある。
岡田君と有村架純と派手な合戦目当て
で観に行くと多分辛い。
客層はシニアの方が多かったので
そういう方は少数かもしれませんが。






人気ブログランキングへ
[PR]

# by kagura0209 | 2017-08-26 23:06 | 邦画、アジア映画その他(7) | Comments(0)  

土曜プレミアム ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017 

この番組が来ると夏も終わりだと
実感します。
毎年同じくだりを書いている気もしますが。


①或るマンション
あるマンションの八階に現れる
「謎の女」。
そこの住人が立て続けに八階から
飛び降りをした。
清掃作業員がその女の霊に
襲われるという内容。

ドストレートなホラー内容。
髪の長い女に追われて…という
のは鉄板ですね。

②影女
引っ越したアパートの部屋の
壁に浮かぶ謎の染み。
それは段々、人の形に近づいていく。
それは、友人の嫉妬心から
発する生霊が原因だった。
 
影が静かに迫るというシーンは
いかにも怨霊というものが
襲い掛かってくるよりも
不気味。

③「箱」
閉ざされた倉に置かれた「謎の箱」
その中には人の腕が三本入っていた。
一族繁栄のために腕が生贄として
捧げられたという話。

ミイラ化した手のビジュアルの
気味悪さで勝負という感じ。

④「お墓はどこでしょうか」
白装束の女を見てそのことを他人に話したら死ぬ。
そういう言い伝えが残る地主の
一族の男性はお盆の日、白い女を
見てしまう。同じく女を見た男性の父は
急死し、彼にも女が迫ってくる。
その夜は、助かるが彼の娘も
白い女を見てしまう。

「お墓はどこでしょうか」と連呼して
くる女は夢に出そうな勢い。
いつ死ぬのか?というのが判然としない
のも気味が悪い。


⑤コール
とある病院の417号室では
誰もいないのにナースコールが
鳴り響くことがあった。
その後、患者が入室しても
わずかな期間で亡くなり続けた。
一人孤独でなくなった「トヨコ」
さんという女性が患者を
道連れにしているという内容。

怖さ的には一番微妙だったと思う。
主演の北川景子自体が一番
目立っていたかも。

心霊写真は三枚紹介された。
これが一番衝撃だったか?
a0138634_10442363.jpg



人気ブログランキングへ
[PR]

# by kagura0209 | 2017-08-20 10:45 | ホラー系TV番組(37) | Comments(0)  

映っちゃた映像GP 真夏の超怖い心霊映りまくりSP  17年8月12日放送

盆休みなので、余裕をもって
心霊番組を視聴できます。


①上空300メートルにいた
上空からドローンで撮った映像。
急に、手が出てきてモニターを掴む
という派手な内容。

②夏祭りの迷子
祭り会場で、生気のない顔した
女の子がたたずんでいる。


③トンネルの先に
車でトンネルをくぐると、
フロントガラスに張り付く
裸の女が…。

④廃旅館の女将
廃旅館の廊下からいきなり
白い服の女が飛び出てくる。

⑤謎のルームメイト
部屋の自撮り中、二人の白い女が
映り込む。

⑥お風呂にいる
風呂場で勝手に流れる水。
水を止めて、脱衣所に戻ると
鏡に手形が浮かぶ。
さらに、浴槽のガラスにへばりつく
人影が。

⑦猫と○○が集める公園
公園のベンチにしがみつく
無数の手が現れる。

⑧子供にだけ見える
ホームパーティー中、子供
に手を引かれ寝室に行くと、
女がベッドからはい出てくる。

⑨うずくまる女
夜道、路地でうずくまる女が
瞬時に近距離にあらわれる。

⑩夏の夜の友達
花火をしている女の肩に
すさまじい形相をした黒い顔が
覗き込む。

⑪まだ住んでいます
廃墟の押入れから白い顔が。

⑫寝苦しい夜
寝ている男がその様子を撮影。
寝室の押入れが開き、女の顔が
男を見ている。顔が消えると
手が男のもとに伸びてくる。
a0138634_21133297.jpg


新潟ロシア村に行く。
廃墟のテーマパークに行く
中川翔子。降雨の中、厳めしい門を
くぐって火災のあったホテルへ向かう。
ロビーは焼けただれ、吹き抜けは漆黒が
どこまでも続いている。
写真を撮るとオーブが大量に写り込む。
客室で謎のうなり声が聞こえ、
地下の機械室では人の横顔のような
ものが写る。

海外動画
①廃墟の110番
廃墟を調べるポリスマン。
ハンドガン片手に部屋を探るが
ゾンビ女に襲われる。
ホラーゲームのような映像。

②鏡の中のママ
鏡に映った女性の瞳は
真黒になっていた。さらに
背後にスキンヘッドの男が。

③恐怖の現場レポート
人食いがあったという惨劇の森で
リポートする女性。
響き渡る唸り声。周囲を警戒すると
口が血まみれの女が一瞬、姿を見せる。
動揺する一同。その瞬間、リポーター
が姿を消す。
カメラマンがうずくまっている彼女を
見つけると、彼女は牙をむいて襲い掛かってくる。
a0138634_21141389.jpg



趣がある和製とは違い、
海外動画はなかなかアグレッシブです。

後半はインドネシアとタイの心霊番組特集。
憑依的な内容。


殺人姫エリザベート・バートリーが
幽閉され生涯を終えたチェイテ城に潜入。
峰岸みなみが件の城に潜入する。
門で扉をたたくような音が響き、
写真を撮ると、オーブが写った写真が撮れる。

エリザベートが幽閉された部屋を
目指すと、霊能力者がエリザベートの
霊がいると主張する。
エリザベートの霊と交信する峰岸。
落涙する峰岸。
霊とシンクロしたというのか、
彼女の感受性が強いというのか。

怖いというよりも、切ない空気で
終わった。





人気ブログランキングへ
[PR]

# by kagura0209 | 2017-08-12 21:14 | ホラー系TV番組(37) | Comments(0)